結婚式で席次表を決めるのに悩んだら?

結婚式を皆さんは挙げた事ありますか?

結婚式をする為に重要になってくることは人数を決めた後の来賓者の座席を決めることでしょう。

でも、ほとんどの方は挙式をすること自体が初めての方ばかりなので、どのように決めればいいかもちろん悩みますよね。

プランナーの方に相談したり、親御さんに相談したりと決め方は様々ですが、ここでは現時点での一般的な席次表の決め方をお伝えします。

まず、席には上座と下座があります。

上座には新郎新婦が招待した友人や職場の上司・主賓の方々が座り、下座に家族や親戚が席につきます。

ですが、現在はあまり上座や下座にこだわらないケースが増えており、家族に晴れ姿を見せたいという意向により会場中央に席を設けることもあります。

このような形も主流になってきているようです。

その他には、主役2人が高砂から見下ろす形になっている傾向を避け、招待客と同じ目線でテーブルをセッティングするということも多いようです。

主役の2人でよく相談をして席次表を決めるとよいでしょう。

結婚式の席次が決まったら表の作成が必要になります。

席次表は結婚式に参加する人たちへ席の案内をするだけでなく、来賓する人同士の紹介にもなります。

自分自身の席を確認した上で、他の席を確認しますから披露宴で初対面の人との話のきっかけにもつながる可能性があります。

その為にも工夫すると良いでしょう。

例えば、席次表の素材を工夫するのはどうでしょう?

以前は紙が一般的でしたが、最近ではビーズや布といった材質を変えた形で製作されるようになってきています。

そういった工夫をすれば見た目だけでなく手触りなどでも楽しめてよいかもしれませんね。

上記で席次表のイメージが固まったら次は作成する必要があります。

もちろん自分で作るのは大変なので、業者の方に依頼する必要があります。

今では色々な業者がいるので、依頼するところを決めるのも大変かもしれません。

私が実際に依頼するのであればこんな業者さんに依頼したいと思いました。

ここのサイトは種類が豊富というだけでなくスタッフの方が不明な点の助言などもしてくれるので安心して依頼ができそうです。

結婚式の席次表を作成する